#ID=3c03c0ce30184f25

5.2 [上級者向け] カスタマイズとテンプレート

パラメータ テンプレート機能は新しくアプリに追加された機能です。カメラに接続したら、アプリのshooting interface (撮影画面)に移動します。画面右下隅に「Templates」 (パラメータ テンプレート) という項目があります。これをクリックすると、現在の撮影モードのパラメータを保存するテンプレートが作成されます。
image

現在のパラメータ テンプレートに名前を付けて保存しておくと、後で使うときに保存したパラメータ テンプレートを選んでパラメータを簡単に設定できます。
image

パラメータをカメラのカスタム オプションに保存するオリジナルの機能は、パラメータ テンプレート オプションの右側にあります。アイコンをクリックするとカメラに送信し、カメラのカスタムオプションにこのテンプレート用のパラメータを保存するかどうかを尋ねるポップアップ画面が表示されます。
image

テンプレートのパラメータを修正する必要がある場合、このテンプレートを使用する状態でパラメータを修正してください。パラメータの修正が完了すると、右下隅に表示される使用中のパラメータ テンプレート名の下に「Save (保存)」ボタンが表示されます。この「Save」ボタンをクリックすると、修正したパラメータがパラメータ テンプレートに保存されます。
image

使用するパラメータ テンプレートは現在の撮影モードでのみ有効になることに注意します。つまり、一旦モードを (例えば静止画撮影から動画撮影やライブストリーミングに) 切り替えたりカメラ画面から撮影画面に移動したりすると、右隅にあるパラメータ テンプレートは選択できないオプションになります。パラメータ テンプレートをリセットしても、「unselected (非選択)」の状態に変わるだけで、現在設定しているパラメータの値は変更されません。